ARTCOCO

愛知学院大学歯学部臨床教育研究棟

アートコンセプト 
「目標達成を目指す歯学部学生のための学びを支援する空間創り」
エントランスホールには、健康的で理想的な歯列弓をモチーフに、
歯の総数32本で構成した歯学部らしさを感じるシンボリックなレリーフを設置しました。
白くて美しい凛とした姿は、歯学部理念である「歯科医療への貢献」を、
また、一つひとつのパーツの多様で表情豊かな仕上げには、自己研鑽に励む個々の学生達の姿を重ねました。
1階から3階へと続く吹抜けの階段「月見坂ラーニングステップ」のレリーフは、
学生達が共に努力を重ねて成長する「ステップアップする」姿を表現しました。
目標達成を目指す学生達の学びを支援する空間創りを意識しました。

■アーティスト:高橋喜人

■計画概要
建築主:学校法人愛知学院
設計:株式会社久米設計
施工:株式会社熊谷組

Photo: Ken Kato , artcoco